三菱UFJ銀行住宅ローン(住宅ローン借り換えガイド)

三菱UFJ銀行住宅ローン

TOPページ 住宅ローン借り換え比較 > 三菱UFJ銀行住宅ローン

 

三菱UFJ銀行住宅ローン

三菱UFJ銀行はメガバンクということで、住宅ローン相談会を行っていたりしますので、困ったことがあった時、迷ったことがあった時などに相談に行きやすいのがメリットと言えます。

ただ、金利・手数料に関しては、新生銀行住信SBIネット銀行などに比べると高めの設定になっています。(詳細は借り換え先人気会社の金利一覧を参照ください)

まず、金利に関してですが、変動金利に関しては三菱UFJ銀行は、住信SBIネット銀行に比べて、0.01~0.5%高く設定されています。

大手銀行は支店等が多く人件費が高くなるためか、ネットを主体としている銀行に比べてどうしても金利が高くなってしまいます。

そのため、変動金利を選ぶ場合には、住信SBIネット銀行を選んだほうがよいでしょう。(どちらがいいかは、手数料部分も関わってきますので、借入金額によって変わってきます。)

固定金利に関しては、三菱UFJ銀行ではキャンペーン金利を行っており、固定1年1.20~1.50%、固定3年1.40~1.70%とかなり低い金利になっています。

ただ、住信SBIネット銀行固定2年で0.83%となっており、固定1年低金利より1年長く同じ金利にく設定されています。

特に、住信SBIネット銀行は、ネット銀行という強みから長期固定金利がかなり低めに設定されています。(10年特約の場合、三菱UFJ銀行に比べて0.3%程開きがあります)

保証部分を見てみても、三菱UFJ銀行7大疾病保障がありますが、住信SBIネット銀行の場合には、8疾病の保険料を負担してくれます。(3疾病… (がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中) 他5つの重度慢性疾患…(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)

こういった部分からも、金利で選ぶならば、住信SBIネット銀行、保険で選ぶならば住信SBIネット銀行がお勧めであるといえます。


また、35年の長期固定金利であるフラット35で比較しても、ネットに強いARUHI楽天銀行と比べて約0.05%程の開きがあります。

特に、楽天銀行と比べると、金利で約0.05%程高く、融資手数料も最大1.05%異なります。(融資手数料1.05%は3000万円借入の場合、31万円もの差になります)

なお、金利や手数料等ではなく【審査】に少し不安が残る場合には、金利キャンペーンを行っていて、事前審査も行ってくれるイオン銀行なども選択肢に入れるといいでしょう。

三菱UFJ銀行住宅ローンにもよいところはたくさんありますが、金利・付随する保険等を他社と比較しながら、もっとも自分にあった会社を選ぶといいでしょう。

住宅ローン人気会社一覧

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.3%下がりおススメです!

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

wa-aka.png りそな銀行 ・・・Web申込なら限定金利プランでお借りかえが可能です。 保証料お客様負担、繰上返済手数料(※)、固定金利特約期間設定手数料は全て0円です。 別途融資手数料(お借入額の2.16%、消費税等込み)をお支払いいただきます。 新しいタイプの団体信用生命保険付きローンも。さらに「マイホームマイバンクプラン」ご利用で、りそなクラブポイント10,000ポイントプレゼントとお得なメリットがございます。(詳細は公式ページをご確認ください。)

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png イオン銀行住宅ローン ・・・当初10年固定の金利プラン有り。変動金利プランも。住宅ローン契約でイオンでの買物が毎日5%オフになるイオンセレクトクラブに入会出来ます。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・低金利かつ手数料の安さが魅力!新生銀行住宅ローンは、保証料無料』、『繰り上げ返済手数料が無料といった特徴があります。「安心パック」では、安心保障付団信やコントロール返済が可能です。

wa-aka.png じぶん銀行住宅ローン ・・・三菱UFJ銀行とKDDIが共同設立した「じぶん銀行」の「住宅ローン」です。

ページトップへ↑