新生銀行 住宅ローン(住宅ローン借り換えガイド)

新生銀行 住宅ローン

TOPページ 住宅ローン借り換え比較 > 新生銀行 住宅ローン

 

新生銀行 住宅ローン

新生銀行は、【借り入れ金額が大きい人】にお勧めな住宅ローンです。

新生銀行は保証会社を使わないため、保証料が無料であったり、繰り上げ返済手数料が無料であったり、「給与振込」などの条件がなく、ネットで1円から簡単に繰上げ返済が可能だったりなどの特徴があります。

また、最長35年の長期固定ローンを組むことも可能なので、短期ローンで借りていて、月々の支払額が負担になっている、月々の返済額を少しでも減らしたい、という方にもお勧めの住宅ローンです。

住宅ローンの金利プランも多様なプランがあり、

・変動金利タイプ(半年型)
・当初固定金利タイプ(期間は、1年・3年・5年・7年または10年)
・長期固定金利タイプ(最長35年)

などのプランから選択することが可能です。変動金利も低く設定されており、今後の金利動向予測や、長期・短期などのニーズにこたえてくれます。

また、新生銀行は金利が低く設定されている割に事務手数料が50,000円と安く設定されているのも特徴です。

さらに、2012年2月3日までに申し込むと、この安く設定されてる事務手数料が0円になるキャンペーンを行っています!

借入金額が大きくなっても事務手数料の金額は変わらないため、借り入れ金額によっては、金利が低いことで有名な住信SBIネット銀行などよりも総支払額が安くなる可能性があります。

事務手数料が借り入れ金額の2.1%など、借り入れ金額が大きくなるほど手数料が増えるという住宅ローン会社もあります。そういった会社の場合、金利が低いので借り入れ金額が少ない場合にはお得ですが、借り入れ金額が大きくなってくると事務手数料が増えてくるため、費用がかさむことにもなります。

そういった点で、総支払額が借り入れ金額によっては安くなる新生銀行をお勧めしています。

ただ、このあたりに関しては借入金額や借入期間によって大きく変動してしまいます。最終的な総支払額がお得なものをきちんと選ぶようにしましょう。新生銀行のHP内にも住宅ローンの借り換えシュミレーションがあるので一度利用してみるといいでしょう。

新生銀行住信SBIネット銀行はそれぞれ魅力のある住宅ローンではありますが、借り入れ金額・返済期間などによってどちらがよいかというのは変わってきます。

借り換え先人気会社の比較ページやシュミレーションなどをしながら、もっともお得な住宅ローンを選ぶようにしましょう。

新生銀行住宅ローンの概要

保証料0 円
繰上返済手数料 0 円

普通預金が指定した残高を超えると、自動的に繰上返済してくれる「自動繰上返済」機能つき。
積極的に繰上返済して、1日も早く住宅ローンを返したい人に最適です。


新生銀行はこちらから

住宅ローン人気会社一覧

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.3%下がりおススメです!

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

wa-aka.png りそな銀行 ・・・Web申込なら限定金利プランでお借りかえが可能です。 保証料お客様負担、繰上返済手数料(※)、固定金利特約期間設定手数料は全て0円です。 別途融資手数料(お借入額の2.16%、消費税等込み)をお支払いいただきます。 新しいタイプの団体信用生命保険付きローンも。さらに「マイホームマイバンクプラン」ご利用で、りそなクラブポイント10,000ポイントプレゼントとお得なメリットがございます。(詳細は公式ページをご確認ください。)

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png イオン銀行住宅ローン ・・・当初10年固定の金利プラン有り。変動金利プランも。住宅ローン契約でイオンでの買物が毎日5%オフになるイオンセレクトクラブに入会出来ます。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・低金利かつ手数料の安さが魅力!新生銀行住宅ローンは、保証料無料』、『繰り上げ返済手数料が無料といった特徴があります。「安心パック」では、安心保障付団信やコントロール返済が可能です。

wa-aka.png じぶん銀行住宅ローン ・・・三菱UFJ銀行とKDDIが共同設立した「じぶん銀行」の「住宅ローン」です。

ページトップへ↑