住信SBIネット銀行(住宅ローン借り換えガイド)

住信SBIネット銀行

TOPページ 住宅ローン借り換え比較 > 住信SBIネット銀行

 

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行住宅ローンは、「より低金利な住宅ローンに借り換えたい!」とお考えの方、全てに自信を持っておすすめできる魅力的な住宅ローンです。

住信SBIネット銀行住宅ローンは、2007年に住友信託銀行とSBIホールディングスが出資して開業した新しい銀行です。

住信SBIネット銀行住宅ローンは、借り換えを対象とした住宅ローン商品に力を入れていることで注目されており、保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性と固定金利特約型の基準金利を最大2.2%引き下げるサービスを提供していることが特徴の住宅ローンです。

2013年8月の時点での固定金利特約型の金利

変動金利 0.815%
2年0.50%
10年1.35%

となっており借り換えに対応している住宅ローンの中では圧倒的な低金利を実現しています。

また、口座開設と住宅ローンの借り換え審査依頼が同時にでき、全ての申し込み手続きがネットだけで完結する点も平日の営業時間に銀行に行くことができない社会人の方には大変評価されています。


但し、圧倒的な低金利を提案している住信SBIネット銀行住宅ローンにも2つ注意が必要な点があります。

1つは、事務手数料が融資金額の2.1%(税込)必要であるという点にです。

同じく、住宅ローンの借り換えに対応している新生銀行は、住信SBIネット銀行住宅ローンと比較するとやや金利は高めですが、この事務手数料が融資金額に関係なく50000円と固定されています。

そのため、借り換え金額が大きい場合は低金利の住信SBIネット銀行住宅ローンよりも新生銀行の方が総支払額が低く抑えられることがあります。


また、2つめの注意してほしい点は審査の厳しさです。

住信SBIネット銀行住宅ローンは、その低金利と保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料というスペックの高さから、審査がやや厳しいといわれています。

審査が不安な方は住信SBIネット銀行新生銀行を選択肢の一つに入れることをオススメします。

当サイトで紹介してる住宅ローンは、それぞれ魅力のある住宅ローンではありますが、借り入れ金額・返済期間などによってどちらがよいかというのは変わってきます。資料請求やシュミレーションなどをしながら、もっともお得な住宅ローンを選ぶようにしましょう。

住宅ローン人気会社一覧

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.3%下がりおススメです!

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

wa-aka.png りそな銀行 ・・・Web申込なら限定金利プランでお借りかえが可能です。 保証料お客様負担、繰上返済手数料(※)、固定金利特約期間設定手数料は全て0円です。 別途融資手数料(お借入額の2.16%、消費税等込み)をお支払いいただきます。 新しいタイプの団体信用生命保険付きローンも。さらに「マイホームマイバンクプラン」ご利用で、りそなクラブポイント10,000ポイントプレゼントとお得なメリットがございます。(詳細は公式ページをご確認ください。)

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png イオン銀行住宅ローン ・・・当初10年固定の金利プラン有り。変動金利プランも。住宅ローン契約でイオンでの買物が毎日5%オフになるイオンセレクトクラブに入会出来ます。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・低金利かつ手数料の安さが魅力!新生銀行住宅ローンは、保証料無料』、『繰り上げ返済手数料が無料といった特徴があります。「安心パック」では、安心保障付団信やコントロール返済が可能です。

wa-aka.png じぶん銀行住宅ローン ・・・三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同設立した「じぶん銀行」の「住宅ローン」です。

ページトップへ↑