借り換えのポイント(住宅ローン借り換えガイド)

借り換えのポイント

TOPページ 住宅ローン借換のポイント > 借り換えのポイント

 

借り換えのポイント

住宅ローン 借り換え時に最も大事なのはやはり「金利」です。

返済額を減らすために借り換えを検討している方がほとんどだと思います。なので、金利は絶対に見ておかなければいけないポイントです。

ただし、借り換え時にはいろいろな手間も必要になります。それでは、いったいどれぐらいの金利差があったら借り換えをした方が得になるのでしょうか?

一般に借り換えが得になる目安は、残高1千万円、金利差1%、残全期間10年以上とされています。

「少しでも金利が低くなるのなら借り換えた方がいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、借り換え時の諸費用やかかる手間を考えると、上記ぐらいの差が欲しいということになります。

逆に、上記の数字をクリアしているのならば、多少の手間がかかったとしても借り換えをしてしまった方が返済金額が減る可能性が高いということになります。


借り換え時には、事務手数料・保証料・登記費用などの諸費用がかかります。大手メガバンクなどですとだいたい総計50万円前後かかるといわれています。

住信SBIネット銀行新生銀行など、ネット主流系銀行の住宅ローン会社の場合、保証料がいらない場合が多く、手数料を抑えることができます。

また、繰り上げ返済手数料に関しても、住信SBIネット銀行新生銀行などは無料としています。

住信SBIネット銀行は、月に何度繰り上げ返済をしても手数料が無料ですし、新生銀行は、口座残高に一定額を残して、そり上の額を自動で繰り上げ返済に回せるシステムを導入したりしています。

当サイトでは、保証料や繰り上げ返済手数料などの観点から住信SBIネット銀行新生銀行をお勧めしています。

特に住信SBIネット銀行は、長期固定ながらかなりの低金利を実現しています。

「繰り上げ返済をたくさん行いそうか?」など、自身の返済計画を考えながら、自分に合った借り換えをしましょう。

また、イオン銀行は、特別金利キャンペーンが人気です。金利変更も一部繰上返済も0円でOK。さらにイオンでのお買い物は5%OFFという特典もあります。


住信SBIネット銀行

住宅ローン人気会社一覧

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.3%下がりおススメです!

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

wa-aka.png りそな銀行 ・・・Web申込なら限定金利プランでお借りかえが可能です。 保証料お客様負担、繰上返済手数料(※)、固定金利特約期間設定手数料は全て0円です。 別途融資手数料(お借入額の2.16%、消費税等込み)をお支払いいただきます。 新しいタイプの団体信用生命保険付きローンも。さらにりそなクラブポイント10,000ポイントもプレゼントとお得なメリットがございます。(※Webコミュニケーションサービス「マイゲート」のご利用が条件で無料となります。全額返済取扱いはできません。詳細は公式ページをご確認ください。)

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png イオン銀行住宅ローン ・・・当初10年固定の金利プラン有り。変動金利プランも。住宅ローン契約でイオンでの買物が毎日5%オフになるイオンセレクトクラブに入会出来ます。

wa-aka.png 新生銀行 ・・・低金利かつ手数料の安さが魅力!新生銀行住宅ローンは、保証料無料』、『繰り上げ返済手数料が無料といった特徴があります。「安心パック」では、安心保障付団信やコントロール返済が可能です。

wa-aka.png じぶん銀行住宅ローン ・・・三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同設立した「じぶん銀行」の「住宅ローン」です。

ページトップへ↑