いざ借り換え会社を比較!(住宅ローン借り換えガイド)

いざ借り換え会社を比較!

TOPページ 借り換え体験記 > いざ借り換え会社を比較!

 

いざ借り換え会社を比較!

住宅ローンを借り換えると決めてから最初にしたことは、借り換えられる住宅ローンにはどういうものがあるのかをインターネットで調べることでした。

調べてみて初めて、借り換えには専用の借り換えローンというのがあることがわかりました。

どこでどのような借り換えローンを扱っているのかは「借り換え ローン 比較」や「住宅ローン金利比較」で検索してヒットしたサイトをいくつか見て調べました。

金利、優遇金利、金利タイプ、借り入れ可能期間、借り入れの最長年数などが一覧になっていてとても参考になりました。

我が家で借り換えるのは長期固定と決めていました。借り換え前のローンの残年数は25年。これだけの期間を固定金利で借りられるところを探すことにしました。

実際に検索してみると全期間を固定金利というよりも、一部固定金利、変動金利の商品のほうが多くて、私達が考えていた25年全期固定の条件で借り入れができるところがそう多くはないことがわかりました。フラット35は中古で地区年数が経っている我が家での利用は難しい部分もあり、銀行が独自にだしているローンのほうがよさそうだということになりました。

一口に全期間固定といっても銀行によって優遇金利が違うので、返済シュミレーションで何%の金利で月々の返済額がいくらになるのかも調べました。その額から最高で何%くらいまでの金利なら借り換えることができるかの目安をつけて返済可能な金利のローンを選ぶことにしました。

そして借り換えにかかる諸費用についてもシュミレーションをしてみました。保証料は借り換え前のローンで前払いしている分の保証料が払い戻されるのでそれを充当すれば負担が軽くなることがわかりほっとしました。保証料が必要のないローンもあって手数料も商品によって違うことがわかりました。

こうやってインターネットで調べていって、利用できそうな銀行が絞り込めたので、各銀行のサイトをみて借り換えローンの内容をくらべました。資料の請求をまとめてできるようになっているサイトもあってそれを利用しようかとも思ったんですけど、この時期はあれよあれよという間に金利があがっていたので、届くのを待ってる数日も惜しい気がして、一つ一つホームページをチェックしました。

優遇金利、キャンペーン特典、特定の病気の特約がついている、など特色のあるものが多く、ここでどれにするかすごく迷いました。

まずは金利を優先、と最初は思っていたのですが、手数料をかけて借り換えるんであれば今までのローンよりも何かメリットがあるほうがいい、という主人の意見でこれからの自分達の生活にどのローンが一番メリットがあるか、ということを考えて選ぶことにしました。

子ども達がまだ小さいこと、今後の返済期間が25年と長いことから病気なったときに返済が不要になる特約がついているものがいいのではないか、ということになりました。そして、支店が市内にあるか、繰り上げ返済に手数料が必要か、ATMが利用しやすい場所にあるか、なども比較し、借り換えをする銀行の候補を2行にしぼりました。ただ、サイトを見ただけではローンの詳細がよくわからないので、まずは銀行で話を聞いてみることにしようということになりました。

2行うちの1行が土日もローン相談をしていたので、予約をとり家族で話を聞きにいきました。特約の詳しい内容もわかり、返済のプランも月々の返済額とボーナス払いの組み合わせを数種類か提案してくれたので、借り換え後の返済イメージがつかめました。

借り換えの情報はやはり専門家が一番よくわかっているので、ある程度自分で調べたら申し込むまえに直接店舗で相談をするとよいと思います。私達はこの時点でここで借り換えをしようという気持ちが固りました。

ページトップへ↑